赤ら顔レーザー治療が病院によってダウンタイムの有無が分かれる理由とは?

できればレーザー治療施術直後からメイクをして、日常生活に戻りたいですよね。

接客業など対面の仕事をされている方にとっては、ダウンタイムがあるかないかで業績はもちろん生涯年収に関わるくらい重大な問題ですから。

そこで知っておきたいのが、実は赤ら顔のレーザー治療に使われる機械が病院によって違うということ。

この機械の違いというのが、ダウンタイムの有無を分けるところなのです。

ダウンタイムがないレーザーとは?

ずばり、フラッシュ治療(光治療IPエル治療)です。

一般のレーザーよりも出力を抑えることで、正常な肌組織を傷つけないですみます。

しかし単に出力を抑えるだけでは、赤い色素(ヘモグロビン)を焼き切るのには熱が足りません。

そこでラジオ波と呼ばれるポカポカとした電子レンジのような光で肌全体を穏やかに温めることで、効率を上げます。

その結果、一般のレーザー(色素レーザー)と同等の効果が得られるだけでなく、美肌効果も同時に得られます。

美肌効果とは、

  • 産毛脱毛
  • コラーゲンの生成
  • 皮膚の活性化に伴う毛穴の引き締め

などです。

料金も一般の色素レーザーよりも安価になるので、最新の施術法として注目が高まっています。

残念な事は、最新であるがゆえに、導入できている病院が少ないことです。

ダウンタイムがあるレーザーとは?

レーザー治療と言えば、一般的には『色素レーザー』のことを指します。

 

文字通り、赤い色素(ヘモグロビン)やメラニン色素に反応するレーザーで、熱を与えてもその部分だけに熱が加わるようになります。

しかし、血管の数自体が膨大なので、血管だけが熱を持ったとしても、隣り合った正常な皮膚組織にもどうしても熱が伝わってしまいます。

そのため、火傷や内出血、膿、水疱形成、茶色い色素沈着(肝斑)等の副作用のリスクも出てきます。

⇒関連記事:赤ら顔レーザー治療の副作用や失敗する人の特徴とは?

 

もちろん色素レーザーにもメリットがあります。

最初にお伝えしたフラッシュ治療よりも威力が強いので、血管腫や酒さの重い症状である「団子鼻」などかたまり状の症状にはテキメンに効果があります。

 

そのため、強力なレーザー出力をとるか、ダウンタイムがなく日常生活に影響もなく赤ら顔にキチンと効果のあるフラッシュ治療を選ぶか。

これは患者さんの症状次第になります。

それには技術力のある医者からのカウンセリングが必須となります。

 

そこでオススメなのが湘南美容外科クリニックです。

美容整形

全国展開しているのでどこに住んでる人にとっても通いやすいだけでなく、初回のカウンセリングは無料なのです。

もちろんウェブ予約も24時間可能なので、忙しい方でも気軽に予約日時を決められます。

さらに美容施術の実績件数が日本一の85万件以上にも上り、初回カウンセリングの精度が極めて高いのが特徴です。

の実績件数が日本一の85万言以上にも上り、初回カウンセリングの精度が極めて高いのが特徴です。

初回カウンセリングが充実していると、フラッシュ治療にするか色素レーザーにするかの判断もバシッと決まります。

カウンセリングで肌の状態が正確に把握できると、どちらの治療でも副作用が少ない施術になるので、失敗することなく支払った分に見合うリターンが得られます。

HPには記載がなくとも、実際に無料カウンセリングを受けてみると、レーザー治療の割引キャンペーンを実施してくれることもあるので、ぜひWEB予約をして相談してみてください。

SBC無料カウンセリングのWEB予約はコチラから

 

記事一覧
【口コミ】安い赤ら顔レーザー治療の選び方!美容皮膚科のオススメをランキング形式でご案内