赤みの強いニキビ跡が原因の赤ら顔レーザー治療はコレがオススメ

ニキビ跡による顔の赤みが取れなくてお悩みの場合は、肌のターンオーバー効果のあるレーザー治療を選択してください。

なぜなら肌の中で痕として残っていたり、赤い色素沈着が皮膚の奥まで侵食している場合、肌の奥深くに作用するレーザーが望ましいからです。

肌の奥深く(真皮層)に作用するレーザー治療することで、コラーゲンの生成に関わる繊維芽細胞が活性化します。

これによって肌の新陳代謝が活発になり、古くなった皮膚がポロポロとこぼれてきて、プルプルの肌に生まれ変わります。

皮脂腺も健全化されるので、繰り返しニキビの予防にもつながります。

デメリットは色素レーザーの場合のみ!

ただし、通常のレーザー(色素レーザー)の熱の出力は極めて強く、日本人の肌に合わないことが多いです。

そのため、施術後3週間くらいは内出血を伴うことがあります。

そこで近年新しく日本人の肌に合わせて開発されたフラッシュ治療がお勧めです。

ガスコンロのように熱い色素レーザーに対して、フラッシュ治療はエアコンの暖房のようにポカポカと頭温めてくれる穏やかな熱照射が特徴です。

 

あらかじめラジオ波というもので肌全体を温めて、必要最低限の熱照射をするので、正常な皮膚組織を傷つけることなく肌のリカバリー効果を促進します。

さらに一般の色素レーザーよりも価格が安いのもうれしいところです。

これは赤い色素に対する効率が良いので、ショット数も少なく済み、価格が抑えられることに起因します。

フラッシュ治療のオススメは湘南美容外科クリニック

近年注目が集まっている施術法ということもあり、なかなか小さい個人開業医のクリニックではフラッシュ治療のレーザー機器を取り揃えているところは少ないです。

一方でテレビコマーシャルでもお馴染みの湘南美容外科クリニックは、いち早く(2013年から)フラッシュ治療で1番赤ら顔に適した「フォトRFアドバンス」を取り入れて施術実績を積み重ねてきました。

これまで累計85万件以上の施術実績をもとに、赤ら顔に対して最適なレーザー治療プランを設けています。

さらに全国に展開しているので、日本のどこにいる方でも通やすいですし、規模の経済を生かして施術料金も平均よりも安くなっています。

⇒関連記事:赤ら顔レーザー治療の平均価格はいくら?

 

さらに嬉しいのが、湘南美容外科クリニックのフォトRFアドバンスは痛みが少ないのです。

もともと熱照射熱の出力が弱いので痛み自体少ないのですが、さらにそこに湘南美容クリニック独特の冷却ジェルを塗ることで肌の感度が鈍くなり、鉄中に痛みがさらに少なくなります。

この冷却ジェルのおかげで、どうしても「痛い」と言うイメージの強いレーザー治療の中でも

  1. 痛くない
  2. 肌に優しい
  3. 赤ら顔の改善効果が抜群

という3拍子を揃えることになりました。

また、ホームページには記載がないものの、実際にウェブ予約で無料カウンセリングを受けてみると、その時限定の割引キャンペーンのお知らせがあることもあるので、まずはウェブ予約をしてみてください。

SBC無料カウンセリングのWEB予約はコチラから

 

記事一覧
【口コミ】安い赤ら顔レーザー治療の選び方!美容皮膚科のオススメをランキング形式でご案内