赤ら顔レーザー治療の通院回数は平均5~6回です

赤ら顔のレーザー治療を受けたいけど、あまりにも何回も通わなくちゃいけないんだとしたら、いくらお金があっても足りないですよね。

実は、赤ら顔レーザー治療で治った人の口コミや公式サイトを調べてみると、大体平均5〜6回のプランで満足のいく改善効果を得られている人が多いのです。

レーザー治療は、最初はレーザーの熱の出力を控えめにして内出血などの副作用が出ないように調節します。

そこには個人差の問題があるので、初回カウンセリングと1回目の施術で確認します。

そして徐々に熱の力を調節して最高の効果が得られるようにしていきます。

その結果が大体平均して 5、6回の通院回数というわけです。

ただし、これは自費診療の場合です。

⇒関連記事:赤ら顔レーザー治療は保険適用が効く場合もあるけど、治りが遅くなってしまう理由とは?

こちらの記事にある通り、なるべく効果の高い短い間隔で通院をすることで、より早い治りを実感することができます。

そのほうが通院回数が減るので、結局お金も安く済みますしね。

 

で、気になるのは、その5~6回の通院回数を経たときに、最終的にいくらかかったのか?

というところだと思います。

⇒関連記事:赤ら顔レーザー治療ってだいたいいくらかかるの?

 

記事一覧
【口コミ】安い赤ら顔レーザー治療の選び方!美容皮膚科のオススメをランキング形式でご案内